アロマの仕事をする

今日は昼前に食事。回転寿司でした。回転寿司のメニューの多さ、お茶をセルフで作るシステム、お会計のシステム・・・、日本人にとってもアミューズメントですよね。美味しかったです!

全然美味しそうに見えませんね。涙

今日の1番は舞茸天ぷらの握りでした!
その後、お店のランプを買いにインテリアショップへ。5つの可愛いランプを選ぶのに3時間半。結局、5つ全部夫が選んだものを選択。内装を担当してくれるお兄さんが「準備してる時が1番楽しいよね。スタートしたら大変。」と笑いながら話していたのですが、私は準備が本当に苦手ですー。
アロマセラピーを仕事にしている人は山のようにいますし、ゴッドハンドの持ち主と呼ばれる方も山のようにいます。けれど、1人として同じものを提供している方はいないはずです。人とは違うことをしようと意識している時って、まだまだ人を基準に仕事をしている時で、精油を見ていなかってり、アロマセラピーを信じていなかったり、もちろんお客様もみていない。
私も師匠から受け継いだ微細なバイブレーションのアロマセラピーを自分の色にして、自分のスタイルのセラピーにするまでは山のようなセラピストの情報や生き方に心や意識が振り回されて、如何にお客様を増やすかや目立つかのビジネスありきになっていました。
小さい子どものように、意識が引き寄せられたものを真似するように探り、いつの間にか自分のスタイルを作りだす。香りの選ぶ方、使い方、感じ取り方、を探り、お客様に伝え、手渡し、私自身もお客様も癒えていく。
どんなお仕事にも共通するステップかもしれませんが、アロマセラピーを仕事にするのはそのような感覚で、そうなるとお客様となる人は必ず引き寄せられてきます。
以前のような焦りなく、私のスタイルで精油を手渡し、精油を語り、精油を響かせる環境を整える為にもうひと頑張り!
くたくたに疲れて預けていた息子を託していた実家に向かうと、母が息子とたくさんのおはぎを作ってくれていました!
美味しくて、疲れが吹き飛びます。
明日はインフォメーションを完成させなくては!
連休最終日、お天気が荒れませんように。