鏡に自分を映してみる

朝、化粧する時は大きな鏡で自分を映しながらします。以前は小さなコンパクトを覗き込むようにしていましたが、それではメイクしか意識が向きません。化粧で変化していく「私」を映し出すこと。表情、肌、オーラ、そうオーラは自分の背後を確認します!

年を重ねるにつけ、老けていくのが早い方の特徴は自分を見なくなっていること。鏡に映る自分を見ながら髪を解く、化粧をする、自分に微笑む、というとてもシンプルな自分との対話は美しさを持続するし続ける鍵になります。
美しさは健康のバロメーター。
化粧せずとも顔を洗った後に映し出される自分を見ながら肌をゆっくり労わり、手のひらで包み込むだけでもヒーリング。
今日は母の1ヶ月に一度のフェイシャルトリートメントの日でした。ケアの後、鏡を覗き込む顔が嬉しそうです。