闇夜の天井

疲れた時、セラピー用のベットにふと乗って横たわってみました。いつもはセラピーを施すばかり。お客様の視線は終わって目覚めるとこんな感じのなんですね。

実際はもっと紺です。紺色の艶のある天井に窓から柔らかく光が差しています。

白い天井よりも「落ち着く」と言われる方が多く、終わってしばらく眺めている方が多いんですよ。
私も気持ちよかったので、しばらくポーっと眺めていました。紺色は脳の中を緩め、バランスをとり、視界を広めます。深く、広く。物事の表面しか見えない時、判断を今に合わせ先を見ません。
今を取り繕い辻褄が合わない選択をするいることにも気づけません。嫌いだけど好きと言っておこう、辛いけど楽しいと言ってしまえ。今の感覚に浸り、今までを振り返らず、明日を見ない。
過去を顧みて今があり、今の選択が未来を築くことに意識を向けられたら、今の選択が変わるはず。
闇夜の天井は人の思考にバイブレーションを与えてくれるのです。
来週はチャクラをテーマにしたワークショップがあります。ヨーガのインストラクターをしている友人が学びたいとのことで開催を決めました。エネルギー、宇宙の法則、オーラ、チャクラを通して知る心と体の症状など、ベーシックの三回が終わればファイブエレメンツのステップへ、その次は全てのセラピーの根源のようなチャクラセラピーを知って頂くレベルまでレクチャーを進めます。セラピーそのものは難しくはありません。家庭のセラピーの域。大事なことは深く広く見つめるくせ。
そのくせをベーシックで培います。
博子さんがニュージーランドフラワーエッセンスを用いたスプレーを提供してくださいます!
闇夜の光、やはりエネルギーセラピーはすばらしいです♡