田中小梅さん、関西で「梅の和会」と「個人鑑定セッション」開催!

「私を生きるセラピーの」生みの親でもあり
著書「神様とおしゃべりができる小梅さんの開運話」が大ヒット中の
田中小梅先生が12年ぶりに関西で講話会を開いてくださることになりました。

題して『梅の和会』。
今回は私が始めて18年ほど前に小梅さんのセッションを受けた時に衝撃を受けた
「Ray視鑑定」です。道具やデータを使うことなく
私の波動につながりながら人型で描き出す現在の姿。その姿には過去からの生き方が
映し出さ、ある意味これからの人生の縮図でもありました。
このまま生きるか、エネルギーを整えて「私」を生きるか?との問いに
私は「私を生きる」覚悟が決められました。

ヒーリングというと「癒し」を意味しますが、癒える事は強くなること。
後に傷ついても、倒れても自分で自分を癒し立て直す力が得られること。
小梅さんは私にその方法と、依存のないセラピストとの関係性を
実体験を通して教えてくれた師匠です。

東京開催のセミナーは瞬く間に満員ですが
今回のセミナーはダフネが主催で
小梅さんとの距離が近く、のどかな和会、
そしてカーザミーアさんの大らかなランチを戴きながらの座談会。

小梅さんに会いに、そして真の御自分に対面しにいらしてください。