SPA!

今日も息子がプリスクールに行っている間にフリータイムが出来ました!

本当は書きたい手紙やしておきたい用事もありますが

もう随分身体のケアが出来ていなくて、心身の代謝が落ちているのが分かります。

そこで予約してSPAに行ってきました!

ナチュールスパ宝塚

宝塚駅からわずか3分。駅を出て武庫川を渡ったところにあります。

昨年前では川に面したオーガニックレストランが地下にありましたが

今はジムになり、ウィルネススパとしてリニューアルされていました。

宝塚は「小さな湯の町宝塚に~♪」と歌劇団の歌でも有名な温泉が出ます。

震災で壊滅的な被害で湯の町らしい趣はすっかりなくなりましたが

こちらの金泉、銀泉は温泉を引いたもので、特に金泉は季節により

色も変化するんですよ。

出産前はよく利用していましたが

産後初めての利用。
  館内は撮影禁止なので外から!逆光ですね。

リニューアル前は人が少なくてのーんびり施設を利用できましたが

今日はフラのレッスンがあるのか、ハワイアン柄のTシャツを着た

おばさま方で更衣室はにぎわっていました。

でも、岩盤浴は私一人!貸切状態です。

ずーっと言霊を唱えながらごろごろしていましたら

ローズ岩塩の力で思ったよりも汗がでました。

以前の方が代謝が悪く、汗が出なかったような。。。

 

ポカポカした体で意気揚々と息子を迎えに行っていたら

腕にポトっと暖かい衝撃が!!!、カラスに糞を落とされてるーーーー!!!

ヤダー、と思ってふき取りながらも「なんだかウンがついてる?」と

ハッピーな気分になりました。

それに鳩の糞より、カラスのものの方がずっと透明感があって

ふき取りやすいんですよ。(笑)

 

先月、たまたま再放送で俵万智さんが南インドのケララで

アーユルヴェーダを体験してらっしゃる番組を見ました。

その中で、アーユルヴェーダの師が人は歳を重ねるほどに

健やかになれると話してらっしゃいましたが

本来はそうなんですよね。

人の病も、そして日常に起こるアクシデントやトラブルは

私達が心の在り方、体の在り方を、さらには生き方、

人との関わり方を知るきっかけをもたらしてくれます。

バランスを取りながら生活していても

宇宙環境、地球環境は常に変化しますから、それに適応するために

体調が崩れたかのような状況になります。

その際、やはり心の在り方、身体の在り方、生き方などを

見つめなおしていると、より柔軟で、より適応力や抵抗力のある

心身へと脱皮していきます。

自分自身の身体のくせ、心のくせ、気質のようなものが分かりやすくなり

どのような生活スタイルがあっているのかも

若い時よりずっと見えてくるものがあるはずです。

私の母は今年79歳。でも、美しく、とても健康的です。

10年前の方が「ママは歳だから」が口癖で

足腰が弱くなり、病気が治りにくいことは

仕方がないことだと言って、すっかりおばあちゃんでした。

この10年で心の在り方、体の在り方を見つめなおし

いつも起こる症状は一体何からくるのか、1つ1つ整えながら

生活する中で体も心も、細胞が生まれ変わり

今はもっと美しくなれること、もっと元気になれることを

見つけてはとにかくどんどん取り組んで、

私まで希望が湧いてきます。

日本では特に「歳をとると、体にガタがくる」という考え方が

基本にあり、そう考えることで、まさに「ガタ」を引き寄せている

感じがあります。

「私は美しいです」「私は健康です」「歳を重ねることは

自分を知り、よりわたしを生かせる知恵を得ます」と

常に口にし続けることで、現実を変えていけますし

少なくとも気持ちは落ち込みません。

アーユルヴェーダの師のように、すべての物事を

ありのままに受け止め、ストレスや不安から解放され

穏やかに生きることが誰だってできるはずです。

※ワークショップのこと、ホームページにもアップいたしました。