自然の力を借りることで。。。

結局、息子は風邪をひいて寝込んでしまいました。

色々と病院にはお世話になっていますし、

何事もないままに育っているわけではないのですが

寝込むのは初めて!「しんどい~」と言って、

それなのに餡餅を3つも食べて早くに寝てしまいました。

彼には今回は漢方とホメオパシーを飲ませました。

ホメオパシーは小さい子どもには本当によく効く自然療法です。

副作用もありませんし、好転反応もありません。

日本で販売されているホメオパシーは好転反応がでるものもあり

気軽に摂れるものばかりではないようですが

私はよく今までもご紹介していたマリエン薬局のものを摂ります。

レメディウムというアイテムがホメオパシーになります。

マリエン薬局  

ドイツはご存じのとおり自然療法の先進国。

自然療法が医療の分野で大きく活躍していますし、その効果は

素晴らしいものです。

日本で売られているハーブや精油とも質が異なり

より良質なメディカルなものとして提供されています。

自然療法のいいところは

元気な時から摂取して安心なこと。

日本では特に自然療法が「治療」として認められていませんので

本来は何かを「治す」ことの為に施すことはできません。

だから、風邪をひきやすい方は比較的体調の安定している時に、

また心理的に混乱しやすい方も、少しご自分を客観的に

見られる時に受けることが大切です。

普段から受けることで、免疫が落ちても

回復が早くなったり、症状が現れにくくなったりするという

効果が必ず見えてきます。

そして、自然療法を取り入れると心身が安心すること。

人間が本当に元気を取り戻す時、そこには「安心」が

必ず存在します。自然に生きるようになって

誰の言葉にも、どんな状況にも揺らがず

どっしりした感覚が得られるというメリットも素敵なところ。

ただ、自然療法の効果はその人の中に

「生命力」が存在していなければ効果が薄れます。

(こちらの文章、翌日訂正しました!

存在していて効果が薄れるなんてありません!すみません)

著しく体力が落ちている、生きる力が弱い時は

効果が現れなかったり、大変時間がかかります。

ですから、普段自然療法を取り入れた生活をしていない方が

病気になった時に自然療法で治療や回復をしようと

決してなさらないでください。

特に症状が重い時、免疫の低下している乳幼児やお年寄りは

無理は禁物です。

是非、少し元気な時、もしかしたら不調になってきたかな、という

いうとき、そして心身に不安を感じるときは

セラピー、ヒーリングとともに自然のアイテムを生活に

取り入れてみてくださいね。

ダフネでは各々の方に合わせた自然療法をご紹介しておりますので

サロンで個別にご相談くださっても結構です。

私もまた早く休みたいと思います。

今日も、タイムのチンキ剤とホッとレモンを飲んで寝ます。

おやすみなさい。