今年の節分は縁起がいい

陰の冬から陽の春へ転ずる節目です!

明日は立春ですね。冬至を超えた後のお正月も

少し日が長くなり、春を感じますが

やはり立春の春めいた感じは違いますね。

植物の芽が出て、動きが増す感覚があります。

  写真が横向きになってしましました!!

巻き寿司を食べ、

今は残ったお豆さんを食べながら書いています。

以前は苦手だったのに、今は美味しく感じます♪

子どもの頃苦手だったものでも大人になって食べられるように

なったものはたくさんありますよね。

さて、今日は私にとっても嬉しいニュースがありました。

友人の妊娠。そして、男の子を授かったらしいということ。

彼女の話はとても興味深い内容ですので

また改めてお話しさせていただきますね。

無事にワークショップも終わり、充実した時間でした。

学ぶということは本来はその人の中の何かが変わること。

「知る」と「分かる」は違うと養老孟司さんと佐治先生が

対談されてましたが、本当にそうだと思います。

知識が増えても、それが日々の生活に何か変化をもたらして

「あー、やっと言われてる意味が分かった!」となりますでしょ?

その作業をされるのは学ばれるご本人でしかありませんが

その作業がしやすいように伝えられるか否かは

伝達者が努力するべきところだと思います。

私のように「宇宙は」「宇宙は」と自分の思うがままに

話していていいのかな?と思ったりもしましたが

なんだか楽しそうに話している方が

ご一緒してくださる方が自然にご自分たちで答えを出されて

ご自分の中に落とし込んでいかれるので嬉しいです。

だから本当に今日ものんびりと楽しくお茶やお菓子を戴きながら

お話ししました。


自分の中で答えが出ると、自らが自然に変化して

心身が自由になれます。

素晴らしい学びでも、その通りにしなくてはいけないと

言われたら息苦しいもので、幸せになっているか

健康になっているかが疑わしいものになりそうです!

現代に増えている心理的な病も肉体的な病も

こういったストレスから生じるものが多いのも事実です。

特に脳内の機能低下は著しいようです。

たくさんの情報やセミナーがあり、生き方の道しるべになるものも

多いですが、それに当てはめる生き方をする必要はありません。

無論私もそのように伝えなくてはと思っています。

昨年も限定のセッション「セレンディピティ」を開催致しましたが

今年は「脳活」で自分の中の答えを出して、物事の本質を

ご自分で見つけらるワークショップにしてみようと思っています。

毎回違うテーマの事に関して、その都度答えを出しながら

ご自分の脳の疲労度を認識してみると同時に

ストレスに強い「本質を見極める脳」へと転じていく

プロセスになります。

終わるころには表情はとても穏やかでハッピーに。

心身の緊張もなくなり、健康でいられる!

そんなことできるの?と思われますが

2016年ならできます。丁度いいです。

また詳細は後日アップいたしますね。

やっぱり節分。パワーが湧いてきました!