虫歯で反省。。。

先日も書きましたが、息子が虫歯になってしまって

今日は心斎橋の長年お世話になっている歯科医に

行ってきました。

夕方4時半の予約で、先生が息子をリラックスさせながら

歯の写真を撮り、原因を究明し、治療の方針をたて

そこから治療開始!で、食事もして帰ってきたので

家に着いたのは9時前。息子も私もくたくたで帰宅しました。

子どもも病気って親は本当に反省することが多いです。

先生は全然責めていないのです。ただ、現実に

虫歯がある限り、そうなる背景はありますし

原因の究明をしていくなかで、子どもがどうかというより

どんなケアをしてきたのか、という話になれば

私自身が反省することばかり!

子どもの虫歯はブラッシングの仕方やブラッシングを

しているか否かに意識が向きがちですが、それだけでは

ないよね?とドクター林が仰っていました。

そうですよね。糖質をとることだけでもない。

現代のことで、夜更かしと食事が遅くなってしまうという

不規則により口中の酸が増えて虫歯ができること

授乳を夜にすることで口が開いてしまい

唾液が少なくなってしまう上の歯が虫歯になりやすいこと、

調理された食事(柔らかくなり、小さくなったもの)は

歯の隙間に残りやすいから、できるだけ調理せず

素材を大胆に頂かなければいけない、

など色々と原因を教えてくださって

その中で私自身も原因をつかみ、

もうひたすら反省。ごめんね、慎之介。

先生に「谷口さんの息子さんに虫歯ができたんは

残念やったなぁ~。」と言われ、「ショックですーーー(涙)」と

うなだれてしまいました。

私達親って、そういった子どもの虫歯がなぜできるのかという

事に対して知らないことが多すぎるし、そういったことを

丁寧に教えてくださって、治療方針を決め、歯の再生

回復に向けた治療まで施してくださる歯医者さんは

やはり少ないのではないかと思いました。

読んでくださっている方で、小さいお子さんをお持ちの方は

是非、ご参考になさっていただければと思います。

あーーー、疲れた。

ではでは、おやすみなさい☆