graduation ceremony

今日は息子のプリスクールの卒業式。

本当に小さいスクールなので卒業するのはたったの2名

なんですよ。

そして2人がお父さんの転勤に伴い、海外に行ってしまいます。

少ないからこそ、お姉さん、お兄さんの卒業は寂しい。。。

スクールには

「Graduation」の文字が壁に貼られ

歌を歌ったり、踊ったり、スクールの様子に触れたり

卒業の言葉を発表したりで

こじんまりとした式が行われました。

昨年3月に通い始めて

1年が断ち、とてもスクールに馴染んで

最初は絶望的なまでに泣き叫んでいたのに

今では喜んで通うまでになりました。

言葉も話せなかったのに、

自分の自己紹介ができるまでに

なってきている。。。たったそれだけに感動。

出来なかったことが1つできる度に

席に戻る姿に自信がみなぎるそうです。

4月からは年少の年になるので

1つ上のクラスに上がり勉強が始まります。

担任だった先生が、スクールを出るときに

近づいてきて、少しずつ自信をつけてきた息子に

「I am really proud of you.

I miss you」(あなたを誇りに思うわ。寂しくなるわよ」と

言ってくださいました。

先生とはまだまだこれからも毎日のように

顔を合わせることになるのに

その言葉を聞いて、息子自身の頑張り

そして先生の温かい想い、と普段は

なかなか見えてこないスクールでの生活が伝わってきて

目頭が熱くなりました。

この春はお客様や私自身の生徒さん、息子。。。と

多くの人の成長に何度涙を流してるでしょう。



まだまだご縁の続く息子の友達親子で

たこ焼きでお祝いパーティーをして

たくさん遊んで家に帰り、息子はそのまま

ばたんきゅーでした。

しかし、ばたんきゅーって面白い表現ですよね。

今では死語らしいです。。。(-_-;)

私も疲れました。

休みます!!!おやすみなさい