Subtle Aromatherapyから旅立とう!

サトルアロマセラピー・・・ダフネのアロマセラピーの

ベースとしていたのがこのアロマセラピーのカテゴリー。

アロマセラピーは

メディカルアロマセラピーや

トラディショナルアロマセラピー、スポーツアロマセラピー

美容のアロマセラピー(メディカルに付随するのかな?)と

色々とカテゴリーに分けることができます。

私が最初に学んだアロマセラピーは

ソウルエーショナルアロマセラピーでした。

魂を揺さぶる、SoulとVibrationを足した造語で

ソウルエーショナルアロマセラピーでした。

どんなアロマセラピーよりも、その振動が体の深くまで響き

眠っていた何かを揺さぶり起こされる感覚は

水面と宇宙の浮いているような浮遊感を感じられて

本当に気持ちよく、その余韻は3か月ほど続きました。

人の波動に揺さぶりが起こると

それが体表にある多くの氣の入口から伝わり

ナディスという流れに乗って広がります。

そこから、ホルモンの分泌が変わり

体内に緩むような幸福感が得られたり、内臓機能が

変化します。

正直、魂ってなに?という感覚で入った世界でしたが

最初のレッスンの時に先生が「サトルアロマセラピーが

ベースになっているんですよ。」というその「サトル」という

言葉を頼りに家に帰ってから、調べまくりました。

が、英国のアロマセラピストが生み出した言葉であること、

それを学ぶ日本で唯一のスクールが不定期にセミナーを

開催していると情報があるだけ。

訳されていた本は絶版で入手不可能でしたし

仕方なくパトリシアデイビスさんの洋書を購入し、

またアメリカからいくつかの本を購入し

辞書を片手に必死で学びました。

エネルギー話でお客様は渋い顔。。。の反応も

幾度となくありました(笑)が、

やはり離れずにこのアロマセラピーを愛し続けて

良かったと思います。

サトルとは「目に見えない微細な」という意味。

オーラやチャクラなどのエネルギーを精油の波動で

癒すという考え方です。

今は「サトルアロマセラピー」と検索してもたくさんの

サロンや解説がヒットし、身近になっています。

人の氣、波動、オーラを揺さぶる技を学ぶ前に

人のオーラやチャクラと言ったエネルギーのこと、

精油1つ1つの氣、波動を理解し、さらに

氣、波動を癒す意味を理解し、真の癒しに導くために

宇宙の法則や摂理を理解しなくては

小手先だけのセラピーになってしまいます。

学ぶということは広がり、深まりが増すものですね。

先生はその1つ1つを5年ほどかけながら

丁寧に教えてくれました。

あれから10数年サトルアロマセラピーにのみ

心を向け、精油と対話してきましたが

その波動の世界をもっと現実的にクライアントに

実感してもらう為にどうすればいいかな?と

考えていて出てきた答えは

基礎からすべてを学ぶこと、でした。

これから2年ほどかけて、学校に通い

人間の肉体の病、不調を的確に治癒させるに至る

精油の力をもう1度じっくり学んでいくことにしました。

メディカルな分野を学ぶこともまた

学び方は同じだと思います。

化学組織を知り、どんな病に役立つのか知ったとしても

それを実際にクライアントに施す中で

働きかた、スピード、治癒への至り方を何度も

経験しなくては、やはりメディカルアロマを

提供していますとは言えないでしょうし、

それは大変な忍耐のいることだと思います。

素晴らしい力、可能性があるからこそ

習得するために一山も二山も乗り越えなくては

ならない壁がありますが、だからこそ

乗り越えていく価値があるのでしょう。

サトルアロマセラピー、受けた事のない方は

是非1度受けて見られてください。

宇宙に繋がり、自然の流れに身を任せて生きることが

できるようになる大らかなセラピーですよ。

春は学びの季節。

これから新しい世界に踏み出す方も

頑張っていきましょうね!