芦屋・奥池のホーリーキッチン

こちらのダイニングテーブルに招かれたのは

何年前のことかな。さほど前のことではない
ですが、随分前のように感じます。
 
小さい頃『霧のむこうの不思議な町』という
本を読みました。小さな女の子が傘を追いかけて
いる内に霧の谷を抜け、いつの間にか不思議な町に迷い込み夏休みを過ごすお話です。
夏の終わり、谷を抜けるとその町は
幻のように見えなくなっていくのですが
ダイニングテーブルのホーリーキッチンも
そんな感じ。
この場所の空間を心身が求め、神がオーケーを
くれれば、予約が取れ、人が集い
とても素敵な時間が過ぎていく、と
いう感覚の透き通るような空間。
ランチはこの洋館に住む
ちえこさんの海外生活を感じさせる
素敵なお料理。
お料理教室もしてらっしゃることを
最近知りました。
目の前に広がる景色や
繋がる場所、出逢う人は自分を
映し出す鏡ですね。
まだまだ波打つ部分は多いですが
今日1日過ごして
呼吸が楽になり、素直になり
意識がクリアになり、
幸せな気分で家に着きました。