還る

今日は息子の親子遠足で

神戸の動物王国に行きました。
大変な人出で、暑い1日で疲れ果てました。
しかし、動物って好きなように動いて
本当に面白い!なまけものは
赤ちゃんのバギーを勝手にひっぱっていました!
5月15日。今日は沖縄復帰の日でもありますね。
大好きな沖縄が日本であることは
嬉しいことです。
けれど真実は聞いたものとは程遠く
経験した者でしか分かりません。
ですから、復帰が喜ばしいことだったのか
それとも悲しいことなのかは
なかなか白黒つけ難いことです。
沖縄は以前琉球で、戦うことより
交流する事で発展を
遂げた国だったそうですから
本来はそんな琉球の姿に還るのが
幸せだったのではないかなー、と
漠然と思います。
敵味方や優位を決めるのではなく
共存する、認め合う。
人と共に生きる上で何より大切なこと。
主導権を握ることと支配することは違うのに
勘違いしてしまいそうなことですよね。
人々の共存、国と国との共存、
あらゆる共存の不調和が清算されるはずの今年。
これがクリア出来ずして
世界平和などは叶うはずはありません。
すべての人間が戦いで優位を決める概念や
平伏すことで守られる概念を捨て
自分も、他者も生かす、存在させることを
し始める年になればと
私自身の姿も見つめなおしています。
セラピーや癒しは健康に導くだけでなく
そんな人間本来の思考や心に還す
力があると思います。
癒しって、素晴らしいのです。
癒しが広く根付きますように。